木童ロゴ
木童
トップページ木童の木材塗料 > 木童オリジナル木材保護油「桐油」
木童・木童の材
木童・オリジナル木材保護油・桐油

木童オリジナル木材保護油<桐油>の販売を始めました。
どうぞお気軽にお問い合わせください!

muku@kodoh.co.jp TEL.078-954-0072 FAX.078-954-0257

塗布面積成分塗装方法メンテナンス
性能テスト取扱注意事項

木童の桐油の特徴

  • 内装木部オイルフィニッシュ用の塗料です。
  • 天然の植物油(桐の油)ベースの人と環境にやさしい塗料です。
  • 木のもつ表情をそのまま表現します。
  • 浸透性で、木の呼吸を妨げず、無垢のフローリングや無垢の壁材に最適です。
  • メクレ、はがれをおこしません。
  • 誰でも簡単に塗装できます。
  • メンテナンスが楽です。

塗布面積

約15m2/L(木の種類、表面状態により異なります。)

成分

  成分 刷毛洗浄液
主剤 桐油 シナ桐の種子から抽出した植物油。植物油の分類でも比較的乾燥しやすい乾性油です。同じ乾性油のアマニ油などと比較して耐水性に優れ、木に塗った時に色の変化が少ないというメリットがあります。
溶剤 イソパラフィン 石油から精製される溶剤ですが、比較的安全性の高い溶剤です。自然塗料の溶剤として一般的に使用されています。高度の精製工程を経ているため、臭気が非常に少ないのが特徴です。またFDA(米国食品医薬品局)規格で化粧品の原料としての使用も認められています。
添加剤 無鉛ドライヤー 植物油の乾燥を促進するための添加剤です。人体や、環境への負荷を考慮し、オクチル酸ジルコニウム、オクチル酸コバルトの金属塩を成分とし、鉛分を一切含まないドライヤーを使用しています。

◎植物油の分類
植物油は、酸素と反応することで乾燥する性質を持っています。その乾燥のしやすさから以下の三つに分類することができます。

乾性油→比較的早く乾燥し、油が樹脂化するもの。アマニ油、桐油、荏油など。
半乾性油→長時間かけて乾燥(樹脂化)するもの。菜種油、胡麻油、大豆油など。
不乾性油→ほとんど乾燥(樹脂化)することなく、いつまでもべとべとする油。椰子油、オリーブ油、ひまし油など。

乾性油は世界各国で木部用の仕上げ塗料として使用されてきました。木の内部に浸透して樹脂化した乾性油は内部から木を保護し、また、木のあばれにも順応するTことでメクレやはがれをおこすことはありません。

乾性油の乾燥時間は植物油の中では早い方ですが、それでも木に塗装した場合、約2〜4日はかかります。通常、塗料として使用する場合は乾燥促進用の添加剤を加えます。

▲このページのトップへ

塗布方法

1 木地調整 木の表面の汚れ、ほこりなどを十分に落としてください。(木の表面が荒れている場合は、#240程度のサンドペーパーをかけて木地調整をしてください。)
2 攪拌 塗装前にオイルをよくかきまぜてください。
3 一回目塗装 刷毛を使用して塗装して下さい。約10〜20分後に表面に残ったオイルをウエスなどで拭き取ってください。
(注)拭き取りや塗装に使用したウエスなどは、自然発火防止のため必ず、以下のいずれかの方法で処分してください。
・すぐに消却処分する。
・水につけて処分する。
・フタのついた金属容器に入れて処分する。
4 乾燥 乾燥させます。(乾燥時間:約24時間)
5 二回目塗装 一回目と同様に二回目、三回目の塗装&乾燥を行ってください。
【塗装回数の目安】
・一回塗り:人の手の触れない壁、天井、柱など。
・二回塗り:人の手の触れる壁、柱、フローリングなど。
・三回塗り以上:テーブルトップ、水まわりなど。
塗装回数を増やすほど耐水性がアップします。

※注1
刷毛塗り以外も可能です。
●ウエス塗り・・・ウエスにオイルを染み込ませ塗装して下さい。
●スプレー塗装・・スプレーで塗装した後、必ず余分なオイルを拭き取って下さい。
●どぶづけ・・・・小さなものはオイルの中につけて拭き取るという塗装方法も可能です。

※注2
桐油は完全硬化(木に浸透した内部まで完全に乾燥すること)するのに約2〜3週間必要です。
完全硬化前は水滴などを放置すると放置部分が白くなることがあります。

※注3
乾燥時間は木の種類などの条件により異なります。

※注4
木の種類によっては、塗装後に木の内部に含まれる成分(タンニンなど)が表面にあらわれ木の色が変色することがあります。念のため試し塗りをしていただくことをおすすめします。

※注5
塗装する木の含水率は20%未満にしてください。

▲このページのトップへ

メンテナンス

◎日常のお手入れ
原則として乾拭き、または固くしぼった雑巾でお手入れしてください。
乾拭きをつづけることで、にぶいつやが出てきます。5年後、10年後にはすばらしいつやの木になります。

◎汚れおとし
塗装に使ったオイルで汚れを落とすことができます。
布にオイルをつけて汚れ部分をこするだけです。

◎ひどい汚れやキズの補修方法
サンドペーパーで汚れやキズを補修し、補修部分にオイルを再塗装してください。

◎再塗装
木を長持ちさせるために、1〜2年に一度の再塗装をお勧めします。再塗装することで、木はいつまでも美しさを保ち長生きします。

▲このページのトップへ

性能テスト

◎テスト方法
試験実施日・・・「木童の桐油」を2回塗りした2週間後
試験方法・・・・試験項目を6時間放置した後、ウエスで拭き取り。
試験樹種・・・・ナラ

◎試験結果

試験項目 状態
変化なし
熱湯 変化なし
醤油 導管に若干の色残りあり
日本酒 変化なし
食酢 変化なし
食用油 変化なし
台所洗剤 若干のつや引けあり
牛乳 変化なし
お茶 変化なし
コーヒー 導管に若干の色残りあり
ソース 変化なし
ケチャップ 変化なし
マヨネーズ 変化なし

▲このページのトップへ

取扱注意事項

  • 火気のあるところでは使用しないでください。
    消防法上の分類で危険物第四類第二石油類に指定されています。
    火気には十分注意してください。
  • 塗装の際は換気に十分注意してください。
    溶剤が揮発します。
    安全な溶剤を使用していますが、念のため換気には十分注意してください。
  • 塗装時は念の為、手袋などの保護具を着用してください。
    天然の原料でもアレルギーを引き起こすこともあります。
    念のため手袋などの着用をお勧めします。
  • 塗装、拭き取りに使用した布などは自然発火防止のため以下の方法で処分してください。(塗装した木が燃えることはありません。)
    1)焼却処分する。
    2)水につけて処分する。
    3)ふたのある金属容器にいれて処分する。
  • お子様の手の届かない、日の当たらない涼しい場所に保管してください。
  • 目に入った場合は水で十分に洗浄し、異常があれば医師の診察を受けてください。
  • 誤って飲み込んだ場合は、医師の診察を受けてください。

▲このページのトップへ

価格表

缶の種類 木童の桐油(税別) 刷毛洗浄液(税別)
16L缶 38,000円
4L缶 11,500円 4,500円
1L缶 3,500円
500mL缶 1,300円
100mL缶 500円

>運賃はこちらをご確認ください。

木童の通信販売−木材塗料のご注文はコチラから

▲このページのトップへ